お絵描きやプログラミングやアーマードコアについて綴っていくつもりです。プログラミングは備忘録的に使うつもりだったりする。
プロフィール

typeすつーか

Author:typeすつーか
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カウンターです
ついったー

広告とか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
暫くのあいだ、自鯖を起動しっぱなしな日が続いていた。
前々からwake on lanしたかったので今日はその設定をした。

wake on lanに必要なものは、NICとマザボが対応していなければならない。
最近のマザボだったらだいたいWOLに対応しているかと思う。


CentOS6にて

$ sudo yum -y install ethtool
$ vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
ETHTOOL_OPTS="wol g" #←これを追記


これでおk。
マジックパケットを送出するPCでは

ether-wake [起動するMACアドレス] #CentOSの場合


wakeonlan [起動するMACアドレス] #Ubuntuの場合


といったコマンドを叩くとおk。


が、OSXではWakeOnLanを使ってマジックパケットを送出する。アプリだけでなくwidgetも付属してくるという無駄な凝りよう。
widgetのインストール方法は、~/Library/Widgetsディレクトリを作って、そこにWakeOnLan.wdgtを移動させればおk。


↓こんな感じ
widgetwol.png


BIOSの設定


マザボにもよると思うが、今回使用したBIOSの種類は、American Megatrends, Inc (AMI)だった。
正直、どの項目がWOLに関連するのかわかりづらかった。
- ACPI 1.0だった設定をACPI2.0に変更。
- Advanced>APM Configuration>APM Resume Event Configuration の項目で
Power On by wol
Power On by PCI Device
Wake up on ring ←モデムとか電話回線を使ってWOLするときにEnableにする。今回は不要なのでDisableに。
とかそういう感じのところをEnabledに変更すれば成功した。

ちなみに、Portは7または9を使います。
wikipedia


機会があればMacからWindowsをwolできるように設定したい
あとAndroidからもマジックパケット送出したい

参考
他にもinit.dを使って設定したケースも有るみたいで色々と面白い。
http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/douga/ultravnc/wol.html
http://areare.blog.so-net.ne.jp/2009-10-13
スポンサーサイト
2013/05/10 02:25  TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stukacoding.blog.fc2.com/tb.php/104-314d5c5c
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
IPv4枯渇時計
linuxコマンド
ぶくろぐ
本棚です
icat
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。