お絵描きやプログラミングやアーマードコアについて綴っていくつもりです。プログラミングは備忘録的に使うつもりだったりする。
プロフィール

Author:typeすつーか
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カウンターです
ついったー

広告とか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
root@(none):/# passwd [username]
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
Sorry,passwords do not match
passwd: Authentication information cannot be recovered
passwd: password unchanged


となってしまい、rootでもパスワード変更ができなかった。


原因はReadOnlyでマウントされていたからだった。
あとsingleユーザーモードでログインしてたせいもあるのかも?いや、たいしたことじゃないか。

ReadOnlyのマウントを書き込めるようにするには以下のコマンドを使う
# mount -o remount,rw /

参考サイト
スポンサーサイト
2013/05/14 18:41 UNIX TB(0) CM(0)
ro single init=/bin/sh

http://una.soragoto.net/lecture/linux/shadow.html
http://www.wakhok.ac.jp/biblion/1997/sysadmin/node19.html
http://www.ksknet.net/linuxrz/vipw.html


BSD系では/etc/passwd,/etc/master.passwdをいじったら不整合が生じてしまうので、vipwコマンドを使う。
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?%2Fetc%2Fpasswd
http://kazmax.zpp.jp/linux_beginner/etc_passwd.html


cat /etc/shells


---
Ubuntuでsingleモードでログイン後、cat /etc/passwdとするつもりが間違ってcat /bin/pwdとしてしまったら、
盛大に文字化けしてしまった。一体なんだったんだろ


http://d.hatena.ne.jp/atree/20090420/1240308590
http://yaplog.jp/nazunamin/archive/49

http://echoes.hak.hokkyodai.ac.jp/db/331/node3_tf.html
2013/05/14 18:10 UNIX TB(0) CM(0)
mkdirやってからcdして作成したディレクトリに移動するのがめんどうなので、関数作ろうかと思ったけど、どうせ誰かが作ってるだろうなとぐぐったらQiitaででてきたのでメモ。

ディレクトリを作成し,そこに移動する



よくわからないが、
.zshrcとかに書いてsource .zshrcとかすればいいんだろか。
とにかく出来たのでこれで。
2013/03/25 13:14 UNIX TB(0) CM(0)
base64 -e [filename]
base64 -d [filename]

uudecode [filename]

参考: uuencode及びuudecodeの使用方法
メール本文を利用したバイナリファイルのエンコード・デコード法

Base64 -Wikipedia

Hackmeのときに参考にしたサイト

linuxだと
/etc/passwd
/etc/shadow
にあって、
FreeBSD系だとだいたいは
/etc/passwd
/etc/master.passwd
にあるっぽい
ディレクトリトラバーサルって言葉があるのか。


ルーティングテーブルの表示とか


netstat -rn
2013/03/22 14:47 UNIX TB(0) CM(0)
/etc/servicesにポート番号とプロトコルの対応表がある。

head -100 /etc/services



------
windowsなら、
C:¥windows¥services
2013/02/17 00:19 UNIX TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
IPv4枯渇時計
linuxコマンド
ぶくろぐ
本棚です
icat
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。